パチンコ業界が抱える問題露出

【パチンコ業界の問題が遂に露出】 
 九州で中小のパチンコ店運営業者の経営破たんが増えている。信用調査会社の帝国データバンク福岡支店(福岡市)によると、今年の九州の倒産件数(10日現在)は前年比4件増の8件、負債額は同6倍の152億円。ギャンブル性が低い機種への変更に伴う経費負担の増加などが背景にある。
 倒産した企業を県別に見ると、福岡県4件、熊本県2件、長崎・大分県が各1件だった。特に数店舗を運営する地場中小業者が目立った。
 パチンコ業者は10月から、国の指導でギャンブル性が低いスロット機の導入が迫られた。特に中小業者ほど入れ替えの負担が大きくなった。さらに、全国準大手の倒産で、機種リース会社や銀行が取引条件を厳しくしたことも業界の資金繰りを悪化させているという。消費者金融が貸出先の見直しを進めており、それが、パチンコ利用者数の減少につながっているとの見方もある。
 帝国データバンクは「年末年始で売り上げを順調に伸ばせられなければ、中小業者の倒産はさらに増える」とみている。

要するにパチスロ5号機問題ってやつだ。5号機以前のいわゆるストック機能を搭載したパチスロが、ギャンブル性が高すぎて自殺増などの社会問題まで発展したため、4号機等のパチスロ台が姿を消した。そのためギャンブル性の低い5号機を客は敬遠し、稼動が悪いにも関わらず、新台の5号機を導入することで、経営悪化というわけだ。
確かにパチスロをするギャンブラーにとっては5号機はかなり物足りない。そのうちに6号機とか出てくると思うな〜。それ位最近のパチンコ屋は閑古鳥が鳴いてる状況なのだ。
パチスロのストック機で一時期稼がせてもらってプチセレブな思いをさせてもらったのは俺だけじゃないハズ!!
ここはパチスロの新基準が出てくるのを祈るしかないか。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。