吉野家、山盛り「テラ豚丼」アルバイト処分

【吉野家の「テラ豚丼」問題で、吉野家アルバイト2人を処分】

 インターネットの動画投稿サイトに、豚丼の肉をあふれるほどに山盛りにし、「(メガの100万倍の)テラ豚丼」とする映像を掲載したことが分かり、牛丼最大手の吉野家(本社・東京都新宿区)は5日、社の信用を傷つけたとして、関西地方のアルバイト店員2人を処分した。処分内容については「明らかにできない」としている。
 約3分間の動画で、制服を着た店員が店内でどんぶりからこぼれるほどに豚肉を山盛りにしていく様子を映している。11月30日に投稿されたとみられ、他社の超大盛り牛丼(メガ牛丼)に対抗して「テラ豚丼をやってみた」などと紹介されている。
 今月に入って同社には「食べ物を粗末にするな」などの批判のメールや電話が約40件寄せられたという。同社は、ホームページでおわびするとともに、今後従業員教育を徹底させるとしている。

このネット社会、自由に表現したことで悪気が無かったとしても、誰が見てるか分からない。YouTubeしかりmixiしかり。ちょっとした掲示板ですらだ。
表現の自由は当たり前の権利だが、少々度が過ぎたのかもしれないね。ただ気になるのは、吉野家がどのような処分を下したのか明らかにしてないところ。バイト解雇?訴えるとか?
吉野家側としては、これ以上大沙汰にしたくないというのが本音かもしれない。それにしても、今の時代食べ物が粗末にされ過ぎてるっていうのは確かだ。こんな時代だからしょうが無いのかな。。
何はともあれ、ネットの書き込みには十分注意したいね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。